LINE

LINE登録

サポート内容

サポート内容

無料相談

無料相談

TOP

TOP

フィリピン新財務大臣就任 〜さらなる経済成長と債務削減目指す〜

ニュース記事

新しく任命された財務大臣ラルフ・G・レクトは、効率的な税収徴収とコンプライアンスを妨げる問題に対処し、収益を増やすためにより進歩的な税制改革に焦点を当てる必要があると、アナリストとビジネス団体が指摘しています。
レクト氏は1/12金曜日に財務大臣に就任しました。前大臣のベンジャミン・E・ディオクノ氏は、古巣である中央銀行の金融審議会メンバーに復帰しました。
元バタンガス選出の上院議員のレクト氏は、フィリピン開発計画と中期財政フレームワーク戦略を踏襲すると述べました。
レクト氏はまた、今年の税収目標を達成することを約束しました。内国歳入局は3.05兆ペソ、税関は1兆ペソを集める計画です。
また、レクト氏は議会で優先的な措置として大統領が支持した主要な税制改革の即時成立を推進すると述べました。これらの措置は経済開発資金だけでなく、財政赤字を減少させ、債務への依存を軽減すると述べました。
PwCフィリピンの副会長兼税務パートナーであるリム氏は、優先事項は収益を増加させるだけでなく、経済成長、投資、競争力を促進し、国際基準と一致していることを確実にすることと指摘しています。

本記事は、下記ニュースを要約したものです。
https://www.bworldonline.com/top-stories/2024/01/15/568748/recto-urged-to-prioritize-reforms-to-boost-tax-compliance-not-new-taxes/

家村 均