LINE

LINE登録

サポート内容

サポート内容

無料相談

無料相談

TOP

TOP

フィリピンの失業率過去最低水準に

ニュース記事

昨年、フィリピンの失業率が過去最低の4.3%に低下したとフィリピン統計局(PSA)が発表しました。PSAの労働力調査の予備結果によれば、昨年の平均失業率は、2022年の5.4%よりも低く、ほぼ20年ぶりの低水準です。
昨年の失業者数は219万人であり、2022年の267万人よりも低かったと報告されています。12月には、失業率が3.1%に低下し、前月の3.6%からも、2022年の同月の4.3%からも低くなりました。これもまた過去最低の水準です。この月、失業者数は160万人に減少し、2022年12月の222万人から50万人以上減少しました。
一方、昨年12月の雇用率は96.9%と過去最高に達し、11月の96.4%および2022年12月の95.7%を上回りました。12月の雇用フィリピン人数は5052万人であり、前月から88.9万人増加しました。年間を通じて、2022年12月の4900万人から152万人の雇用が増加しました。
昨年の仕事の質は向上し、アンダーエンプロイメント率(雇用されているが、さらに仕事を探しているか、労働時間を延長したいと考えている人々の割合)は、14.2%から過去最低の12.3%に低下しました。これは、昨年のアンダーエンプロイドフィリピン人数が668万人から595万人に減少したことを意味します。
昨年12月のアンダーエンプロイメント率は11.9%に達しました。11月の11.7%からわずかに上昇しましたが、2022年12月の12.6%よりも低かったです。12月のアンダーエンプロイドフィリピン人数は601万人で、11月の579万人および2022年12月の620万人よりも多かったです。
昨年12月の労働力は5213万人で、前月より65.8万人、2022年12月より90.7万人増加しました。労働力参加率(LFPR)は66.6%に達し、11月の65.9%および2022年12月の66.4%から改善しました。
12月には、フィリピン人は平均して週に40.6時間働きました。これは11月の40.2時間および2022年12月の40.3時間よりも長いです。
産業別では、サービス業が引き続き最大の雇用主であり、総数の57.3%を占めています。農業が24.4%を占め、製造業が18.3%の割合を持っています。
フィリピンの失業率が過去最低に達したことは、農業部門での安定した雇用創出や季節的要因によるものだ考えられています。
そして、政府のイニシアチブや台風の影響が少なかった(農業の雇用を維持した)ことが影響している可能性もあるとされています。

本記事は、下記ニュースを要約したものです。

Inflation sharply drops to 3-year low

家村 均